女性ひげの治療

女性ひげは治療が必要になる場合もあるって本当?

女性ひげは治療が必要になる場合もあるって本当?

 

女性の場合、あごに男性のような『ひげ』が生えてしまうのはホルモンバランスの崩れが大きな原因となります。

 

ですが、あごや太ももなど産毛程度しか生えない場所に太くて濃い毛が頻繁に生えて来てしまう場合は、『多毛症』という病気を疑ってみたほうが良いかも知れません。

 

そもそも多毛症とは?

多毛症と聞くと、たくさん毛が生えて来る事?と感じるかも知れませんがそうではありません。

 

正確には軟毛(なんもう)が硬毛(こうもう)へと性質変化してしまう状態で、軟毛とは産毛のような薄く柔らかい毛の事、硬毛とは長く硬い毛の事を良い、まさに成人男性のあご髭は硬毛に当たります。

 

多毛症とは、女性の産毛が男性のあご髭のような硬い毛に変わってしまう症状を言うんですね。多毛症は実は、何らかの病気のサインである場合もあります。

 

詳しくは以下に、原因や症状などをまとめました。ピンと来る場合は要注意ですよ。

 

多毛症の症状

多毛症の症状として特徴的なのが、色素が薄く細くやわらかい毛、いわゆる軟毛が色素が濃く、硬くて太い毛、いわゆる硬毛に変わってしまう事にあります。毛の太さが生まれ付きのものなら問題ないのですが、この症状が後天的に現れれると多毛症と呼ばれる病気に分類されてしまいます。

 

また毛だけでなく

  • ニキビや吹き出物が増える
  • 月経不順
  • 月経間隔が極端に遅れる
  • 頭頂部や前頭部の抜け毛が増える

上記のように、毛以外のその他の体の部位に症状が同時に現れることもあります。以下でも説明しますが、多毛症はホルモンバランスの崩れから引き起こされる病気の為、様々な症状が同時に出現してしまう…と言うわけなんですね。

 

多毛症の原因

多毛症の主な原因は、体質的なところにあります。ですが、卵巣腫瘍などの卵巣の異常、副腎の疾患等の女性を作る器官に異常を来すことが原因となり、ホルモンバランスが崩れてしまい結果多毛症を引起こすケースがあるのです。

 

この場合だと何らかの病気の可能性があるので怖いですよね…。
また、上記の要因以外にも

 

  • 副腎皮質ステロイド薬
  • シクロスポリン

 

など薬の影響により多毛が引き起こされる場合もあります。
※ちなみにステロイド外用薬のケースでは、使用した部位に多毛の症状が見られるようになります。

 

多毛症の治療方法

最近、あごや太ももあまり太い毛が生えない場所に太い毛が頻繁に生えるという場合、心当たりがある場合は、一度専門(皮膚科、婦人科、泌尿器科等)の医師に相談してみるようにしましょう。

 

万が一、疾患だった場合でも早期の治療が大切です。私、多毛症かも…と、気になる場合はとにかくまずは一度皮膚科、婦人科、泌尿器科への受診をおすすめします。

 

何て怖いことも書いてしまいましたが安心してくださいね。多毛症は医師のアドバイスの元、適切な生活習慣を送れるようにすれば改善することがほとんどです。

 

バランスの良い食生活や、運動不足の改善、睡眠を補うなどしてホルモンバランスを調整することで改善に向かう事ができますからね。

 

番外編:女性ひげは抑毛クリームでケアできます。

女性ひげは治療が必要になる場合もあるって本当?

 

多毛症ではないと思うけど、それにしても産毛が気になる。そう感じる場合は、女性ひげ専用のスキンケアアイテム『ノイス(noisu)』を使う事も効果的です。

 

ノイス(noisu)はそんな『ひげに悩めるレディー』を救うための女性ひげ専用の抑毛クリームなんです。今まさにあご髭のじょりじょりが気になる…と感じている場合はぜひ、一度ノイスを要チェック。私が試しに使ってみた口コミも以下に掲載中です。

 

 

女性ひげ,治療